不妊治療に協力しない夫がいることにイライラしてしまったハナシ

言っても無駄な人たちはやっぱりいる

Modest Life管理人のひなたです。

『不妊治療は夫婦二人で向き合うもの』とか『夫婦が協力して進めるもの』とか、当然のこと過ぎていまさら思ったことがないんですね。

そして私の場合、もし誰かが

『不妊治療はさー、女がするもんだよなー!』

とかふざけたことを抜かしてたとしても、完全に『なにを言ってんだ!?こいつ?』という感じで、もう最初っから無視しちゃいます。

なぜなら、こういう人は

「言っても無駄」

と思ってて、こっちがイライラしてしまうと『もったいない』と思うから。

でも、ですね。

不妊治療をしている夫婦の間で夫が『女が頑張ればいいだろ』とか『俺は関係ない』とか言うのに対してはむちゃくちゃ腹が立つんですよね。

って、今回の記事はそう言う話です。

NEWS23きっかけ

なぜ私が突然こんなことを思ってしまったかというと、まぁ、実は自分が書いた記事がきっかけなんですが。。。。

それは、先日私が書いたNEWS23の男性不妊の夫の話を読み返してしまって、改めて腹が立ってしまったというww

関連記事 TBSのNEWS23で男性不妊の不妊治療について放送した番組の感想

それは

◆『当初不妊の原因は妻にあると考えた』というナレーションをしているくせに、自分に原因があると解ったら『(男性)不妊も夫婦両方の問題』

と言ったところです。

もちろん、あんなに短いVTRだったし、しかもナレーションベースで言っていた内容なので、あのインタビューを受けていた方に腹が立つのではないんです。

それだけは誤解なきようお願いします。

私は、

『そういう風に思っている旦那がいるかもしれない』

と思うだけで、悲しくて腹が立ってしまうんです。

201601-49

※男性不妊に特化した珍しいサプリもあります↓

~Modest Life~

なんで結婚したのさ

私は、もう(あえてそう呼びますが)嫁ちゃんが好きで好きでしょうがないわけです。すでに出会って10年経った今でもあんまり変わらず、仲良しです。

大学の頃に出会い、私の好意がダダ漏れで周りから『(夫)さんの目がハート過ぎて、全然隠しきれてない』というツッコミを何度もされましたww

そして妻の方も同じような感じだったもので、なかなかに仲の良い夫婦になることが出来ました。だから、私として『夫婦』=『お互い仲が良くて、支えあう存在』のような感じに思えているものなんですね。

そこに、

『相手のせいで何かが起きた』

とか相手のせいにすることが、そもそも頭に浮かばないわけで。

そんなんだったら『そもそもなぜ付き合って、結婚したの!?』という、そもそも過ぎる疑問が出てきて、私の中では有り得ないモノだからだと思います。

201601-37

自分の考えが全てじゃないけど

もちろん私も35歳ですから、夫婦の形なんていくらでもあるのはわかってます。分かっているんですが『なんか悲しいなぁ』と思っちゃうわけですよ。

このページにきて、この記事を読んでくれている方は、たぶん少なくとも『相手と向き合おう』と思っている人だと思うんです。

でも、

『相手が不妊治療に向き合ってくれない』

とか

『相手が不妊治療に非協力的で腹が立つ』

とかそういう事は怒りももちろんですが、それ以上に悲しいですよね。

せっかく一度きりの人生で、星の数ほどの奇跡を乗り越えて、一生一回の出会いをしたのに、相手を尊重できない、向き合えない夫婦は、やっぱり悲しいんじゃないかと思っちゃいます。

、、、

うーん。

とりとめもなく、まとまらない話になってしまいましたが、この気持ちを少しでも吐き出そうと思って書いてみました。

少しでも伝わってもらえると嬉しいなぁ。。。

もし何か思うところが有りましたら、感想でもいただけると嬉しいです。

コメント

  1. 一児の母 より:

    こんにちは。
    人間ってピンチの時ほどその人の本質が出ますよね。
    同じようにピンチの時ほどその夫婦の本質が出るんだろうなって思います。

    男性不妊の無精子症って不妊原因の中でも結構極限のピンチですよね・・・。
    女性に原因のある場合は、妊娠の可能性はかなり低くてもゼロではない、ってことがほとんどだと思うんです(ゼロでないからこそ辞め時が難しいんですが)。
    無精子症の場合は精子がなければ今の医学では可能性ゼロですもんね。
    TESEを受ける前、もし手術してダメだった場合のこと、すんごく色々考えました。
    AID?養子?一生2人だけの生活?それとも離婚?
    結婚してからわりと平穏に暮らしてきましたが初めての夫婦の試練だと思いました。
    検索魔になっていた時期に無精子症で検索して色々な方のブログや知恵袋を読み漁りました。
    奥様側が書かれている情報が大半でしたが、離婚を考えている人も何人も見かけました。
    もちろん、その気持ちを批判するなんてことは誰もできません。
    ただそんな風に無精子症をきっかけに離婚を考えることになった夫婦も、もしすんなり子供に恵まれていれば・・・どうなっていたかな。その場合もいつか訪れる別の試練を乗り越えることはできないかもしれませんが・・・。
    どんなに綺麗事言ってもまずは自分の人生をどう生きるかが一番大事ですよね。
    だからピンチ(特に相手方に起因する場合)が訪れた時こそ一緒に乗り越えたいと思うのか、離れていくきっかけになるのか、その関係の本質がはっきり出るのだと、自分が経験して感じました。

    不妊治療を妻任せにして協力的でない夫、、、
    そんな人は子供が生まれても育児を妻任せにして協力しないんだろうな~。

    • ひなた より:

      一児の母さん。
      またまたコメ有り難うございます。嬉しいです。

      そして、
      >どんなに綺麗事言ってもまずは自分の人生をどう生きるかが一番大事ですよね。
      ⇒これは本当に思います。めっちゃ共感します。
      せっかく出会えたのに苦しむなら『それはどうだろう』って感じで。。。

      私たちの場合『相手(パートナー)がいれば幸せ』がもともとあって、それに加えて『もし子供がいればもっと幸せかも!!』になった感じかもです。
      だからこそ、不妊治療もピンチの時もお互いに支えあってこれました。(病気とか、、いろいろありますよね)

      本当に、一生は一度なんだから『後悔なく!』が前提だと思います。
      ダメンズ(?)好きな人とかは、理解が出来ない。

       
      >不妊治療を妻任せにして協力的でない夫、、、
      >そんな人は子供が生まれても育児を妻任せにして協力しないんだろうな~。
      ⇒そうそう。これも思います。
      『子供が出来る前から非協力的なのに、いきなり育児になって協力するわけないでしょ!』とツッコミたくなっちゃう。

      子供が出来る前から悲しくて、子供が出来た後も寂しくて『ホントにそれでいいの~?』っていうか。

      本当に人の幸せの形って、他人には解らないモノなのかもしれませんね。。

トップへ戻る