セントマザーにMESA手術の電話をした頃を思いだします。。。

お久しぶりです。

Modest-Life管理人のひなたです。

3月も過ぎ、4月ももう半ばです。。

この頃は去年や一昨年もそうなのですが、私が少し思いにふける時期です。

というのも、私がセントマザーに

『手術をするにはどうするのですか?』

と電話をしたのが、忘れもしない3年前の3月下旬ころだったからです。

その電話から、不妊治療に向き合う姿勢や、もちろんそれに加えてPESAやMESAといった手術に対する思いがガラッと変わりました。

『ねえ、手術はいつ受けるの?』

今では少し懐かしいフレーズです。

当時、

私が無精子症と判明してから約5年。妻と結婚してからは約10年。

いつまでたってもきちんと無精子症という自分自身や、TESEやMESAといった手術に対して向き合わない夫に対して、妻はずいぶんと腹立たしいこともあったのではないかな、と思います。

全然向き合わない夫に、たまに吐き出される

『ねえ、手術はいつ受けるの?』

、、、当時は胸に重く使える言葉でした。

それは否定しません。

手術は怖い。

でも妻との子供は欲しい。

でも手術は怖い。

そんな悶々とした日々は続いていたと思います。




※男性不妊に特化した珍しいサプリもあります↓

Modest-Life

そんな自分がよく、一人でセントマザーに電話できたなあ。

それは今でも不思議に思います。

あの時、

『さて、電話するぞ!!!!!!!!!』

と崖から飛び降りる雰囲気もなく、

『電話だけするか、、、、』

とかいう投げやりな感じでもなく。。

『手術を受けるか』

という、なんというか自然に電話をして、その電話でMESA手術の予約を取っていました。

不思議ですねw

ほんと、今考えても不思議なんです。

ただ、ほんとにその時期が来た、というか、なんというか。

いま考えても、よく待っててくれたなあ。

本当に妻には頭が上がりません。

そして逆に、無精子症と診断され、すぐに行動を起こすことのできる方たちに対しては、本当に心の底から偽りなく尊敬の念しかありません。

頑張ってください。

そんな他人事のような一言しか言えない人間ですが。

本当に、全員が良い結果になってほしい。

本当に、心から、望みます。

ひなた

トップへ戻る