スマホの精子(精液)確認キットSeem(シーム)とTENGAの違い比較 おすすめは?

せっかく2種類あるんだから 

Modest Life管理人のひなたです。

先日も記事にしたのですが、ここ数ヶ月で2種類の

『スマホで簡易の精子(精液)検査を行なうキット』

が発売されました。

不妊症への興味や関心が、一般的にも広がっていることだと思います。

※※※※後日追記※※※※

2016年11月にリクルートライフスタイルから発売されているiphoneの簡易精子検査キットSeem(シーム)店頭販売、Amazonでの販売が開始されました

実は少し前から ビックカメラ有楽町だけで店頭販売されていたのですが、とうとう全国のビックカメラ27店舗でも取り扱いが拡大された形です。そして、それだけではなくAmazonでの取り扱いされるようになったことで、店頭で購入するというハードルが少し低くなったのではないかと思います。

是非一度、確認してみて下さい。

スマホでできる精子セルフチェックSeem(シーム)

※※※※後日追記終わり※※※※

そうなることで治療自体の心理的なハードルも下がるでしょうし、また、治療費の保険適用など、色々と不妊治療に対する助成が広がれば良いな、、、と思います。

今回はせっかく短い期間に2つキットが発売されたので、2つの違いを軽く比較していき、私なりお勧めを書いていこうと思います。

201601-56

 2つのサービスの違いを比較

さて、それでは早速この2種類の違いを見ていきます。

  Seem(シーム) TENGA MEN’S LOUPE
価格 5000円 1500円

使用
回数

記載なし(何回も可?)
1回

4回

拡大
倍率

記載無し
(500~600倍?)
550倍

対応
機種

iPhoneのみ
(Android使用不可)
カメラ付きならスマホ・iPhoneどちらも可
アプリ 専用アプリ有り 無し
特徴 スマホの動画機能により、結果を自動解析し精子の濃度と運動率が表示される スマホのカメラ機能を使うだけなので、簡単に動く精子が確認できる
(結果の解析などは無い)
販売

テスト発売
全国発売開始

販売済み

購入

場所

東京都内近郊の一部クリニッ クや薬局
ビックカメラ・Amazon

全国。Amazonでも可

表にすると、結構わかりやすいですね。

比較をして思うのは、

◆高価格だが高機能で精子の濃度・運動率が測れるSeem(シーム)

◆すこし安く簡易的だが精子の有無だけ確認のTENGA MEN’S LOUPE

って感じでしょうか。

それ以外にも、

まだ一般発売されていなくて店頭で購入が出来ないSeem(シーム)に、

既に一般発売され、公式サイト以外にAmazonでも購入可能なTENGA MEN’S LOUPE

って感じ。

※※※※※すでにSeem(シーム)もAmazonで購入可能となりました。

スマホでできる精子セルフチェックSeem(シーム)

『スマホで精子を確認する』という機能の説明自体は同じなのに、現時点では多少の違いがありますよね。

201603-13

※男性不妊に特化した珍しいサプリもあります↓

~Modest Life~

 違いの比較結果の考察と、おすすめ

私が個人的に思う大きな違いは、

1.iPhoneだけのSeem(シーム)と、カメラ付き全部使えるTENGA

2.精子の濃度と運動率が出るSeem(シーム)と、画像を見るだけのTENGA

3.5000円のSeem(シーム)と、1500円のTENGA

ってところでしょうかね。

まぁ一番大きいのは価格で1500円と5000円では3倍以上の値段の差になります。ですが逆に、せっかく『精子を確認する』という男にとっては一大決心ともいえる行為をするのに『濃度や運動率を見ずに有るか無いかだけで良いのか?』というようにも思えますし。

それでも『結局は確定的な診断が出来ない』というのは2つとも一緒なんですよね、、、だから例えば、

『精子が有るか・無いかだけで良いんだ!』

という判断をするならば、TENGA MEN’S LOUPEでも良いでしょうし。

でもやっぱりそうは言っても『濃度や運動率』という客観的な指標で表示してくれるSeem(シーム)は、結果によっては男性不妊の検査のために病院に足を運ぶきっかけになる可能性を秘めた機能なんじゃないかな、とも思いますし。。。

だから、完全に

『こちらがおススメだ!』

と言いきることはでいませんが、それぞれの状況に合わせて本当に簡易的に歩かないかだけをざっくり確認できるだけでよいのであれば、

『TENGA MEN’S LOUPE』が良いでしょうし、

逆に、少しでもちゃんとした精液検査の形をとって不妊治療の検査の足掛かりとして行うのであれば

Seem(シーム)

を選んだ方が、後々後悔せずにすむかもしれません。

ただ、さっきも書きましたが、

Seem(シーム)やTENGA MEN’S LOUPEのどちらを使ったとしても、最終的な診断は出来ない、ということだけは理解して行うようにして下さい。

不妊治療ブログを書いているものからお願いすると

『最先端の技術で画像を確認しようが、アナログな技術で確認しようが、精子がいるかどうかを確認するのが目的ではなくて、なるべく若いうちに、自分の状態や環境を確認しておいて、もし治療が必要な場合はなるべく早く始める』

ということにつなげることが重要であることを忘れないでいて欲しいと思います。

関連記事 無精子症と診断された時の気持ち

なので、この結果に応じてちゃんと医療機関を受診して下さいね。

関連記事 自宅の精子(精液)検査がスマホでー 『Seem (シーム)』
関連記事 TENGAがスマホの精子(精液)検査キットを発売-TENGA MEN’S LOUPE

トップへ戻る