正直【子供ができない】じゃなくて【選択肢がない】のが辛かったなぁ

結果は変わらなくても

Modest Life管理人のひなたです。

TBSドラマ『コウノドリ』。

結構好きで毎週欠かさずといっていいほど見てる。

今のドラマが2で、数年前にやってた1の時は不妊治療真っただ中だったと思うから、結構感慨深い感じで観てるのが正直なところ。

で。

この前、、、っていうか、ちょっと前に助産師の小松さん(吉田羊)が子宮内膜症(だったかな?)で子宮の全摘出手術を行った。

で、その時に小松さんは

『お母さんになる人生と、お母さんにならない人生。どっちが良いのかな』

みたいな言い方をしてて。(違ってたらゴメン)

ふぅ。

そうなんだよなあ。

と。

でも、

そうじゃないんだなあ。

と。

意味不明だけど、そんな風に思いました。

※男性不妊に特化した珍しいサプリもあります↓

~Modest Life~

うむ。

正直、『人それぞれだから』って言っちゃえば簡単。確かにそれは誰かに言われることでも、決められることでもないんだし。

そして『人それぞれ』っていうのも間違ってない。ってのも本当だと思う。

別に子供がいなくなって、結婚しなくなって。

一人だって。

自分の人生は、自分の人生。

本当に極論を言ってしまえば。

『自分の人生を楽しむ』

ことができれば、それがその人にとっては正解なんだろうな。とも。

でも、それは

『選択して決断したから』

っていう理由も一つあるんだろうな、

と思う。

『自分で選んだから、後悔はない』

強がりだろうが何だろうが、そういうことはできるだろうと。

ただ、不妊治療ってさ。

その

『選択』とか『選ぶ』とか

そういうものが狭まっている状態だな、って。

それも

『子供』

っていう、

『一般的には』人生の大きなファクターといわれるような事に対して、かなり一気に狭められる。

それが、結構きつい。

『なる・ならない』と『なれる・なれない』

だから、

『お母さんにになる人生』

『お母さんにならない人生』

は、比べられないし、良いも悪いもないのかな、と

でも、

『お母さんになれる人生』

『お母さんになれない人生』

は、ここの間には、結構厳しくて、寂しくて、つらい違いがあるんだろうなー、なんて。

そう考えると、

私が無精子症といわれて、

『血の気が引くようなショック』

だったのは、もしかしたら

『自分に精子がない』

のはもちろん

『自分はお父さんになれない人生』

という、自分の中でのけっこう大きな選択肢がなくなったことに対するショックでもあったのかな、とも思います。

『する・しない』

じゃなくて、

『できない』

。。。これってきついな。と改めて。

トップへ戻る