インフルエンザの妊婦や胎児への影響や治療方法。潜伏期間中の検査は有効?

妊娠後期の嫁さんにうつしたくない

Modest-Life管理人のひなたです。

困ったことに会社で席の近い人がなんと2人もインフルエンザに感染してしまい、今日から少しばらく休みになりました。
本当に席が近くて、私の真後ろと同じ通路の人。

おいおい、近いなぁ。

仕事自体はどうでもいい。気になったのはインフルエンザだってこと。真後ろの人とはかなり話していたし、もし自分に感染してたら、、、。

冬になる前に妻にはインフルエンザワクチンの予防接種をしてもらっているけど、さすがに臨月の妻にうつしてしまったらこの上なくいやだ。

心配になったので調べてみました。

201603-04

いま病院にいって検査できる?

さて、まずは自分がインフルエンザに感染していなければいいんです。
そもそも相手にうつす心配がないんだから。

で、ここで気になるのは

『潜伏期間中(発症前)でもインフルエンザの感染検査は陽性になるのか』

ということ。

せっかく今病院に行って検査をしても、結局陰性になるような不確かな判定なら、やってもしょうがないですよね。

で、結局のところ結論は

『発症してしばらく時間(半日~1日)がたたないと、正確な診断結果はできない』

とのことで、いま私が検査しても意味がないようです。

くそう。残念だ。

201601-53

※男性不妊に特化した珍しいサプリもあります↓

~Modest Life~

妊婦や胎児への影響と治療方法

うーん。検査が出来ないなら仕方がない。

なら次に、もし妊婦がインフルエンザを発症してしまった場合の妻や胎児への影響を確認しておかないとやっぱり心配です。

まずは胎児に影響があるのか。

結論としては

『影響はない』

と考えてよさそうですね。

とはいえ、100%保障されているわけではなく『現時点でそのような報告がない』ということみたい。

でも、いろいろ調べても影響なしの一発回答ですから安心して良さそうです。

では次に妊婦(妻)に影響がないかどうか。実はこちらの方が大変で

『妊婦は体力や免疫力が低下しているから重症化の危険性が高い』

とのこと。

おっと、それは困る。

そして、

発熱があり、周囲の状況からインフルエンザが疑われる場合には、「できるだけ早い(可能であれば、症状出現後48時間以内)タミフル服用開始が重症化防止に有効である」
出店:日本産科婦人科学会
(URL: http://www.jsog.or.jp/news/html/announce_20101222.html)

ということです。

タミフルやリレンザなどの薬を飲むことに少しためらう気持ちは分かるのですが、これらの薬が胎児に影響がないと考えられること、そして逆に飲むことで重症化をさけられるメリットがあることから、ちゃんと飲まないといけないですね。

なので、もし初期症状がみられた場合にはすぐに対応することが大事みたい。

201601-37

インフルエンザが発症するまでの時間(潜伏期間)

妻は臨月で今ですら大変そうなんだから、どうしてもうつすわけにはいかない。

といっても今の時点で検査はできない。

なので、

その人に会った最後は昨日の17:00頃だったから、その時点で感染した場合を考えて、少しでも安心材料になるか考えてみます。

インフルエンザは感染から発症までの時間は約2日~1週間程度だそうです。

ということは、私はまだ1日しかたっていないから、もし菌を持っていたとしても発症前ということになっちゃいますね。

・・・全然安心材料にならないww

たぶん大丈夫だと思うんだけど、なんともいえない結果ww

201603-09

自己隔離しておきます

結局、私が感染していてもまだ発症していない時期なので、少なくとも大事を取って今日と明日くらいは妻に近寄らないようすることに決めました

そして、本当に最悪の場合が起きたとしても、きちんと初期症状を見極めて、発症してもすぐに病院につれて行って、適切な治療を受けられるように気を付けようと思います。

。。。みなさんも、インフルエンザにお気をつけ下さい。

トップへ戻る