無精子症の検査(精液検査)が恥ずかしいなんて言ってらんない

恥ずかしい?いや、大丈夫です

Modest Life管理人のひなたです。

不妊治療の検査、特に男性不妊の検査となるとお分かりの通り精液検査です。

まぁ、病院に着いたら採精室に入れられて、エッチなビデオや本が有るので、それを使っても使わなくてもいいから『精子を採取する』ということをします。

これをすることに『恥ずかしいな』と思う人がいると思うんです。

でも、最初に一言言わせてください。

『そんなこと言ってらんないよ』

ちなみに、

最近Amazonでも購入できる簡易的な精子(精液)検査キットが販売されました。

男性不妊の検査にためらいがあるのなら、、、まず一度試してみてはいかがでしょうか。

関連記事 スマホで男性不妊を調べるなら

201601-11

恥ずかしいと思う理由を考える 

別に精液検査だけじゃなくても、『どうしてそう思うんだろう?』と考えることは確かに重要です。

理由を知れば、対策出来るかもしれませんからね。

でもさ、と。

『理由を考えてもいいけど、恥ずかしくたって検査しなけりゃ始まらないよ』

と思うわけで。

例えば仕事のことで、原因を知って対策を練って、そして解決できれば、それは気持ちのいい流れかもしれません。

でも、誤解を覚悟で言えばこれは『病気』です。

『なんで病気になったんだろう?』なんて考えても治りません。

というか、その前に『病気かどうか』を知る為の検査ですから

『恥ずかしくて検査したくない』

なんていうのは、やっぱり時間の無駄以外の何でもないですよ。

201601-19

※男性不妊に特化した珍しいサプリもあります↓

~Modest Life~

恥ずかしいのは『事実』ではない

とはいえ、気持ちは分からないでもないです。

『やっぱり、秘め事の中でも結構ハードルの高い秘め事だよなぁ』

とは思います。

でも、ちょっと考えて下さい。

あなたが『恥ずかしい』と思っていることは別に『事実』では無いんです。

つまり、そもそも『精液検査』=『恥ずかしい』のはあなたが思っているだけで、『本当に現実の事実』ではないということを、一回認識することです。

それを知ることで改善することが出来るかもしれません。

この考え方というのは『認知科学』という分野でちゃんと研究されてます。

怪しい考え方のヤツじゃないので大丈夫ですww

個人的な考え方になりますが、私この考え方、結構好きなんですよね。

201601-44

さぁ、諦めて検査をしよう 

『認知科学』については、別に本やでも色々とあるでしょうし、ちょっと読んでみても良いと思います。例えばこれとか。

単純に読めるので、結構面白いです。

とはいえ、それは本題では無いからこれで終えましょう。

『精液検査』は『恥ずかしい』と思うことは簡単です。

でも、そこから『なんで恥ずかしいんだ?』と考えたり、『仕方ない』と諦めたりして男性不妊の検査を受けないと何も始まりません。

どの結果が出るにしても、現在の状態や原因を知らないと何の対策もできません。

さて!もう諦めて、検査を受けちゃいましょう。

トップへ戻る