不妊治療中に感じた切ない喪失感と焦燥感・・・

ちょっと先に注意書き

Modest Life管理人のひなたです。

本日書こうと思っているブログは、私がまだ不妊治療から逃げていた5年間に感じた、

少し寂しくて、

少し悲しくて、

少し切ない、、、

そんな思い出についての記事です。

もし今不妊治療をしていて心が疲れている方が今回の記事を読むと、その疲れに追い打ちをかけてしまう可能性があるので、元気のよいときにまた読んで頂けると嬉しいです。

うーん。

まぁ、別にもったいぶるような内容じゃないんですケド、実は自分で今回の記事を書いてて、なんか切なくなっちゃったんですよね。

だから、最初に書いた冒頭の記事を消して、注意書きを書いてみました。

あっ、実際大したことがなかったらゴメンナサイww

201601-01

漫画~不妊治療、やめました。~

今日、

マンガ家の堀田あきおさんかよさん夫婦の

という漫画?なのか、エッセイなのか、、、を読みました。

このお二人は、先日記事にした週刊ニュース深読みに出演されていたお二人です。

この本の感想はまた別の記事にさせてもらいますが、これを読んで結構感情が揺さぶられてしまったんだと思うんですよね。

たぶん今GWだから、というのもあると思うんですが、一気に不妊治療中に感じていた、

『うーーーーっ!!!』

っていう、思い出や感情がフラッシュバックしてしまったんです。

あー、まずい。凄い切ない。

201601-09

※男性不妊に特化した珍しいサプリもあります↓

~Modest Life~

やっぱり、パパママが一番

この思い出はGWだったのか、お盆だったか、、、

ある日、私の両親と姉、姉の子供(姪っ子)と一緒に泊まりでディズニーランドに行くことになったんです。

もちろん、私たち夫婦も一緒で。

ただ、義理の兄(姉の夫)だけ仕事の都合でこれず、最後帰るときにだけ迎えに来てくれる、という感じのスケジュールでした。

私たち夫婦も久しぶりのディズニーランドでとても楽しかったし、何より姪っ子がとても懐いてくれて、ずっと一緒にアトラクションに乗ったり、パレードを観たりして。

泊まるホテルでも、食事の時も、ずっと姪っ子 一緒に楽しんでいました。

私も、

『子供がいたら、こんな感じなのかなー?』

なんて疑似体験をするくらいに楽しくて、ずっと手を繋いで楽しんでました。

そしてホテルに泊まって、次の日の帰るときです。

姪っ子のパパが迎えに来てくれました。

そのとき、あんなに楽しそうにしてた姪っ子が突然泣いて、

『パパぁぁぁぁぁっ!!』

って、抱きつきに行きました

、、、たぶん、パパに久し振りに会った感じになったんだろうなぁ、、、とかなんとなく気持ちは分かるんだけど、せめてこの2日間はむちゃくちゃ楽しい時間だったと思っていたから、なーーんとなく切なくなった。

。。。という話です。

201601-63

夢の時間はやっぱり覚める

どうでしたでしょうか?

さすがに、冒頭でもったいぶるほどの話では無かったかもしれないですね。

でも、なんというかその時に、

本当に懐いてくれた姪っ子との、凄く楽しかった時間すら一気に失われてしまったような喪失感や焦燥感に襲われてしまったんですよね。

そして、その後に、

『やっぱ、本当のパパが良いよなぁ』

とか、

『自分には子供がいないんだなぁ』

なんて、大バカなコトを考えてしまって、勝手に1人でへこんだりして

子供がいないなんて普通になっていたのに、疑似体験したからこその喪失感だったのかもしれないけど。

でもやっぱり寂しくて。

いまは、小さな我が子が私の腕の中にいてくれています。

。。。いつか一緒にディズニーランドに行こうと夢見ながら、しばらくは夢も見れない眠れない日々を楽しみながら過ごしていこうと思います。

トップへ戻る