男性不妊(無精子症)の検査

 ある日言われた言葉

Modest Life管理人のひなたです。

私が男性不妊の検査を妻からお願いされたのは家でした。

その時すでに妻はレディースクリニックで不妊の検査を行っていて、ある程度の検査結果が見えていましたし、血液検査してきたとか卵管造営が痛すぎるとか話は聞いていて、何も問題はありません。

この時、無精子症かもしれないとは思っていませんでしたが、もしかして自分に問題があるのだろうか、と頭の片隅をよぎったことは有りました。

ただ、自分から何かしようか?と言ったことは有りません。

やっぱりちょっと不安だったし怖かったんだと思います。

201601-23

男性不妊の検査

男性不妊の検査は血液検査などもありますが、最も大切な検査の一つに精液検査があげられます。

例えば、勃起障害(ED)など身体的にわかる不妊原因であれば、そもそも検査という項目では無く、その原因を診断し治療に入ると思います。

しかし、通常の夫婦生活を営んでいて妊娠しないと悩んでいる夫婦にとっては、そのほどんどが自分たちでは診断できない状態ではないでしょうか。

なんで私たちには子供が出来ないのだろう。

男性側でその原因を検査するのが、精液検査です。

201601-30

※男性不妊に特化した珍しいサプリもあります↓

~Modest Life~

精液検査とは

この字のとおり、精液中の精子を調べる検査です。

私もやりましたが、おそらく思い描く通りの簡単な検査ですしもちろん肉体的な苦痛はありません

私には男性としてのプライド!!という高尚な思想はなかったので思ったより大丈夫でした

もしかすると一般的な男性であれば、精神的な恥ずかしさと、男としてのプライドが傷つく方がこの検査はキツイのかもしれません。

費用については、病院によって保険の適用・適用外であったりするので、行うところに問い合わせるのが一番です。最近ではホームページに載ってますね。

ただ一般的には保険適用で300円~1000円程度。保険適用外で5000円~数万円と結構な幅があるでしょうか。

201601-21

検査の結果

検査結果の見方については、2010年にWHOが正常値の数値を発表しています。色々なところに数値は載っているので、ここでは数値は割愛します。

精液量がほぼ0mlあるいは1ml以下の場合は、逆行性射精や、精液の通り道の閉塞、そしてそもそも精巣での精子生産の異常が考えられます。

ここで、逆行性射精であれば射精後の尿検査で検査をすることが出来ます。

(私も行いましたが、残念ながらいませんでした、、、)

201601-25

いつも期待してしまう

私は精液検査を3回ほど行いました。

もともと精液検査は検査の時期によりかなりの変動があるため何度かやります

乏精子症や精子無力症、奇形精子症などの方たちであれば、どんな結果だろうと期待してしまうこともあるのでしょうか?

しかし、私のように無精子症であれば、もちろん精子が出てくるといったことも無く毎回の結果は精子数0です。

でも正直に言うと私は毎回期待していました

もしかしたら今回はいるのかもしれない。前回は何かの手違いじゃないか。

毎回そう思いました。

残念ながら最終的に私は無精子症と診断されました。最初の診断の時だけがキツイのではなく、この検査は毎回キツかったです。

ただ、無精子症でなければ、体調などによって精子の数は変動します。

一回だけでがっくりしてしまうのは早いのかもしれません。

トップへ戻る