『不妊治療のやめどき』の本を読んだ感想レビュー

不妊治療を始める前にお勧めの本

Modest Life管理人のひなたです。

『不妊治療のやめどき』という本を読みました。

先日、NHKの不妊治療の番組にも出演していた小倉智子さんが参加されているNPO法人Fineという団体の理事長で妊活コーチの松本亜樹子さんが書かれた本です。

※※※※※追記※※※※※

衝撃的なことに、本記事に松本亜樹子さんご本人からコメントを頂きました

『ええっ!?』

と思ったものの、ご本人のFacebookからもフォロー(?)頂いていたようでどうやら本当です。

(なんて失礼な奴だ orz)

おそらく普通に記事を読むだけだとコメント欄は通りすぎると思いますので、ぜひこの記事だけでもコメントに目を通して頂き『不妊治療のやめどき』が伝える気持ちを感じて、そして本を読んで頂けるとレビューを書かせて頂いた私としても嬉しいです。

コメント欄は、本記事の一番下です

※※※※追記終わり※※※※

この本のレビューに行く前に、私が感じたことを先に書きたいと思います。

それは、この本が

『不妊治療を始める前にこそ読んでおいて欲しい本』

だということです。

これから不妊治療を始める方には、是非読んで頂きたいおすすめの本です。

なるべくネタバレ無し感想を書いていきますので、あまり心配せずに読んで下さい。それでは、少し細かく書いていきます。

男性不妊目線で読んだ

私は男性ですので、この本を読んだ時は当然ですが男目線で読みました。

そして正直に言って、最初は

『そんなことは分かっているよ』

という感想をもちました。

何かというと、

『治療をする目的を考える』とか『夫婦のゴール』とか『悩んでも良い』など、少し冷静に考えれば普通に思いつくことが色々な視点で書いてあるだけに思えてしまったからです。

私の場合、無精子症で手術を受ける時

『もしかすると、自分に精子は無いかも』

ということを想像し不妊治療を始める前から『辞め時』を考えていました

それは夫婦共通の考えで

『精子が有っても、不妊治療専用に貯金したお金が無くなったら、そこで治療は辞めようね』

と決めていたんですね。

これが私たちの『不妊治療のやめどき』でした。

そういう意味で、私たち夫婦は最初からこの本に書かれた考え方(結果や将来像)を少しでも実践できていたのかもしれません。

今では、私たち夫婦の場合は2人が最初から同じ方向を向いて、悩みを話し合えていたからなんとかなったのかな、と思えます。

でも、もしかすると私たちのようにあっけらかんとした話し合いが難しく、たとえ夫婦でもなかなか相談ができなくて、1人で悩みすぎてしまう場合も有るんじゃないかな、とも。

この本はそういった場合に、

『思い込みをリセットするきっかけになれる良い本』

ではないかなと思います。

201601-37

※男性不妊に特化した珍しいサプリもあります↓

~Modest Life~

不妊治療に疲れた方が読むと

うーん。なんと言うか。

正直に言って、この本の内容はみんな分かっているはずなんです。

でもだからこそ不妊治療に悩み過ぎたり、疲れて周りが見えなくなった時に読むと『目からうろこ』な内容が書いてあることになります。

例えば、

『不妊治療が上手くいかない』ということが、イコール『全てがダメ』ということじゃないということを優しく教えてくれています。

というか、

『悩み過ぎて一つの視点しか見れない状態』

から

『少しでも違う視点で見ることで、いろいろな幸せの形もある』

ということを書いているんですね。

これって、不妊治療を始める前とか、途中で休憩しているときも気づいているはずなんです。でも1人で悩んでいるときは目を背けて、見ないふりをしたりして。。

その心の隙間を上手に伝えてくれる話や体験談が散りばめられていました。

201601-46

個人的な感想としては

最初に書いたんですが、

この本は特に『不妊治療をこれから始める人』に読んで欲しい本だと思っています。

なぜなら

何度もキツイ不妊治療をしてきた人だと、突然この本を手に取って考えがすぐに変わるか?というと少し難しいのかもしれない、

と思ったから。

もちろん、

冷静に読むとこの本が『不妊治療を諦めなさい』と勧めていない

ことは簡単に分かります。

ただ、不妊治療に悩んで、疲れて冷静ではない状態だと

『子供がいない生活なんて考えられない!』という思いに逆に捕らわれしまうのではないか?

とも思ってしまったんです。

本当は分かっていても見たくない内容だからこそ、冷静じゃないときに正論を言われると拒絶してしまって頑なになって心を閉ざしてしまうというか。。。

だからこそ、まだ不妊治療をしていない、これから不妊治療をする人が最初に読んで

『たとえ不妊治療がうまくいかなくとも夫婦には、そして夫婦を除いて一人の人間としても、人生には様々な選択肢が無限に広がっている』

ということを心に留めてから、不妊治療に進んでも良いのではないかな、と思います。

コメント

  1. 松本亜樹子 より:

    ひなたさん、はじめまして。
    拙著をご紹介くださって、ありがとうございます。

    そして、私が意図していたことを、バッチリよみとってくださって! 感激です。
    本当に嬉しくレビューを拝見いたしました!

    他の記事も拝読いたしましたが、なるほどとナットクさせられることが多く、うなずきながら読ませていただいています。
    ひなたさんの、記事を書かれているスタンスが、ニュートラルな感じがして、私とても好きだなぁと思いました。
    待ち望んだお子様を授かった新生活、大変ですが楽しそうですね。
    応援しています。
    これからも楽しみに拝読させていただきますね。
    今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

    • ひなた より:

      >松本亜樹子さま

      ・・・松・・・本・・・亜・・樹・子・・・・・??
      なんか聞いたことがある、、、、
      『えぇっ!?松本亜樹子ーー!??』

      ・・・失礼ながら、本当にこうなっていました。
      まさかまさか、こんなブログにご本人からコメント頂けるなんて、本当に光栄です。

      この本は、このブログを初めてからネットでも現実でも色々な場所で目にする機会があったため、とても気になっていた本でした。
      他にも不妊治療に関連する書籍はいくつかあっても、タイトルを見るとノウハウ系と思えるものが多い中で、サッパリと『やめどき』を教えてくれる本はなかなか貴重で重要なものだと思います。

      松本さまたちの活動が不妊治療を行う多くの方たちの支えやサポートになっていることは、不妊治療を行っていた私を含めたくさんの方たちが知っていることだと思います。
      私も微力ながらこのブログで何か一つのきっかけになれれば良いな、と思いながら無理せず少しづつ続けて行こうと思います。

      末筆ながら、今後とも益々のご活躍を祈っております。

      ※ いいねが多いのはシェアして下さったからなんですね。。。Facebookをして無くてわかりませんでした。。。ありがとうございました。

  2. 松本亜樹子 より:

    ひなたさん、ご返信ありがとうございます♪
    Fineの活動もそのように言っていただけて嬉しいです。(^^)
    みんなでコツコツ地道に活動していますので、みんなとても喜ぶと思います。
    伝えておきますね。
    ひなたさんのブログ、とっても貴重です! ぜひ多くの方に読んでいただきたいです。
    またちょこちょこお邪魔いたしますね。
    これからも、どうぞよろしくお願いいたします。m(^^)m

トップへ戻る