2016年4月解禁。民間の不妊治療保険商品は実際のところどうか

2016年4月に解禁されたけど

Modest Life管理人のひなたです。

さて、この記事を読んでいる人はもうご存知なんだと思いますが。

色々なところでニュースになっていた通り、2016年4月から不妊治療保険が解禁され、民間の保険会社から商品として販売しても良いことになりました。

不妊治療中の保険加入は、さすがに少し難しいかもしれませんが、これからの方達にとっては金銭面でかなり有効な手段の1つになる可能性がありますよね。

さて、

今のところ実態はどうでしょうか?

少々気になったので、少し調べてみました。

今回は、そのことを記事にしたいと思います。

201603-05

もしかして、まだ発売されてない!?

さて、お分かりの方もいるかと思いますが、残念なお知らせがあります。

それは、、、

『不妊治療保険』ってまだ商品化されてない!?

ということ。

4月から解禁されたわけだから、4月中には何かしらアナウンスがあるのかなー。とか思っていたら完全に甘かったようで。

今のところ、全然影も形も見当たりません。

もちろん私個人で調べた内容なので、もし既に保険が発売されているなど、ご存知の方がいらっしゃれば教えてください。m(__)m

とはいえ、、、たぶん、、、

まだ無いと思います。

悲しい事実ですよね。

201601-59

※男性不妊に特化した珍しいサプリもあります↓

~Modest Life~

当然、営利・利潤・利益を目的 

なんでまだ発売されないんだろう?

って少し考えてみたんです。

そうすると、まず単純1つの答えが浮かびます。

それは

『たぶん、利益確保が難しいんだろうな』

ということです。

私たちのように、不妊治療に足を突っ込んでいる人間から見ると、この保険商品解禁というのはかなり大きなニュースです。

ただ、他のがん保険や生命保険、医療保険などから考えた場合の絶対数を考えると、やっぱり不妊治療というのは数が少ないわけで。。。

しかも、たぶん不妊治療保険は単独ではなく特約でしょうから、多少安いはず。

そうなってくると、利益を追求することが目的の民間会社から見た場合の美味しいメリットがなかなか見えにくいようにも思えるんですよね。

『運用益で利益を!』と叫んだところで運用する元手が少ないんだから、これまたなかなか厳しい。。。

うーーん。商品設計も難しいのかもしれないですね。

201601-11

確実にこれから発売されるはず。もうちょっとだけ我慢して待ちます

とはいえ、一つだけ言えることは。

『この数か月以内に、各社からプランは発表されるだろう』

ということ。

上で色々と『商品設計が難しいかも』と書きましたが、だからと言って保険商品が作られないということは確実に無いと思っています

なぜなら、不妊治療も含め出生率を上げることは現在の政府・内閣が目指している一億総活躍社会とか言うのに必要なことだし、しかもこの保険解禁は厚生労働省のキモ入りの案件ですから。

これでいまさら『利益が出ないからやりません』っていうことは、役所と民間とのお付き合い的に有り得ない話な気がしませんか?

発表までもうちょっとでしょう、、、仕方ないから我慢してもう少し待ちます。

関連記事 3月にも解禁になる不妊治療保険の内容や保険料が気になる
関連記事 2016年春に人工授精や体外受精など不妊治療の保険商品解禁を検討

トップへ戻る