不妊治療の助成金への初回増額(30万)と男性不妊新設が開始

男性不妊(TESE/MESA/PESA)への助成もスタート

Modest Life管理人のひなたです。

国の補正予算成立を受けて、

2016年1月20日から体外受精や顕微授精(特定不妊治療)へ、初回の助成金増額や男性不妊への助成金新設がスタートしました。

厚労省の28年度予算にも盛り込まれて、平成27年度補正予算にも盛り込まれています。

補正予算が成立したため、実態としては

平成28年1月20日以降に治療が終了した人を助成の対象

として開始されているようです。

さて、今回はこの助成金を調べましたので書いていこうと思います。

なお、不妊治療費用へのもう一つの試みとして、平成28年(2016年)4月から不妊治療に対する民間保険が解禁になっています。併せて確認いただけると嬉しいです。

関連記事 2016年春に人工授精や体外受精など不妊治療の保険商品解禁を検討

201601-02

いったいどんなものか

別記事にも書いたのですが、まずは助成金がどのように変わったのか、改めてみてみます。

助成金の大きな変更は2つですね。

  1. 体外受精や顕微授精(特定不妊治療)に対して
    初回助成の上限を現行の15万円から30万円に拡充
     
  2. TESE/MESA/PESA手術など、男性不妊で精子を採取する手術を受けた場合
    1回につき15万円の助成金を新設

ここでの注意は、特定不妊治療の場合は初回のみ30万円の助成ということ。

2回目以降は現行通りの1回につき15万円の助成金になります。

ということは、

◆ 今まで:
 15万円 (特定不妊治療のみ)

◆これから:
 初回 ⇒30万円+15万円 (初回の特定不妊治療+男性不妊治療手術)
 2回目以降 ⇒15万円  (2回目以降の特定不妊治療)

となり、男性不妊も含めれば、単純に初回は30万円も増額されるということですね。

最近は、きちんと自治体のホームページにも記載があります。

関連記事 横浜・川崎市HPに特定不妊治療の拡充について掲載されました
関連記事 港区は平成28年度に独自の不妊治療助成の増額を開始
関連記事 神奈川県HPに助成金増額のお知らせが掲載されました
関連記事 大阪だって不妊治療の助成金増額してるよ

実は、住んでいる地域や自治体によって他に『追加の助成金』を出してくれるところもあります。
関連記事 久留米市の不妊治療助成金の上乗せに感心した

※ 詳しくはそれぞれの地方自治体のホームページを確認下さい。

このブログも含めあくまで一般的な情報になってしまいますから、きちんと役所で話を聞くのが一番です!!

201601-43

※男性不妊に特化した珍しいサプリもあります↓

~Modest Life~

逆に言うと、30万円しか増額になっていない

さて、もうお分かりだと思います。

初回だけの増額だから、実は

個人個人の財布事情だけで考えると初回の30万円しか増えない

とも言えるのかな、と。

しかも、私のようにすでに手術を受けた人はもちろん対象外です。
(これはそりゃそうですよね)

もちろん、費用の面で不妊治療をするのをためらっていた人にとってはとても嬉しいことです。

そして、私は他の記事でも

『後悔しないためにも不妊治療は遅らせずに早めに開始して!』

と一貫して書いているくらいなので、自分のことのように嬉しいです。

201601-32

30万円は大きい額です

まぁ、でもやっぱり男性不妊の助成金が出来た、と言っても

『結局助成金は、30万円しか増えない』

んですよねぇ。

基本的に男性不妊に対する手術(TESE/MESA/PESA手術)は一度しかやりません

正確には、

手術を受けても精子が見つからず、もう一度死ぬ気で2回目の手術をする方もいるとは思いますが、身体への大きな負担や手術リスク、一度体験してしまった痛みなどからそう何度も行える手術ではない

と考えています。

そのため、

男性不妊への手術は1回で、女性に対する特定不妊治療も初回のみ増額となるので、初回だけ助成金が30万円増えて、2回目以降は通常通りの15万円に戻る

と考えるのが自然ではないかと思うのです。

もちろん、30万円は個人ではかなり大きな額で正直助かります。これのおかげで、お金はまだ貯まってないけど治療ができる人もいるでしょう。

また、最近『不妊治療の医療保険』の解禁もニュースになっています。

助成金と合わせて、不妊治療をする人間にとっては気になるニュースになってます。

関連記事 2016年春に人工授精や体外受精など不妊治療の保険商品解禁を検討

201601-29

平成28年4月1日から新制度が始まります

すでにご存知の方もいると思いますが、平成28年4月1日から不妊治療の助成の対象範囲が変わります。

細かくは別記事に書く予定ですが、一番の違いは年齢制限が出来たこと。つまり、妻の年齢が43歳以上の場合は、助成対象外になるということです。

今回の助成金の拡充や、別記事のように

『不妊の定義が2年から1年になった』

ことも合わせて考えると、国や機関としては早く不妊治療の検査や治療を開始してもらうことを望んでいることが透けて見えますね。

もちろん私としても、出来る限り早く治療を開始することが、不妊治療への一番の近道であるのではないかなと思います。

そして、とうとう神奈川県のホームページに実際の助成金拡大についてお知らせが掲載されました。もちろん神奈川県だけの内容ですが、参考にはなるのではないでしょうか。

また最近では川崎や横浜、東京はもちろんそれぞれ地方の自治体のホームページにも情報が掲載され始めています。

ぜひ不妊治療を始める際には確認してから進めるようにしてください。

ちなみに、

◆羽田から遠方治療で行くなら、絶対にLCCのスカイマークをおススメ
◆飛行機を使うほどの遠方では無ければ、バスリザーブで検索をおススメ

します。

細かいお得感は別にするとして、治療を検討するなら予算の前に確認して下さい。

もしあまり飛行機に乗らないのなら、たぶん驚くほど安いですし、私が値段を比較した中では、スカイマークはかなり安く行けます。ちゃんと予約日程を考えると、新幹線より全然安いんですよ!?

私は、驚きました。

スカイマーク

スカイマークパックツアーズ

そして、バスなら、

バスリザーブ

是非、見るだけ見てみて下さい。

トップへ戻る